Home > こだわり

こだわり Archive

料金の改定を考えます

オクトパスデザインとしてフリーランス活動を本格的に初めて4ヵ月が経とうとしています。最近では、あまりに安い価格で請け負った場合、自分のモチベーションも下がり、クライアントへの対応もあまり良いとはいえない状況になり、ご迷惑をお掛けしてしまうので適正な金額に値上げしようかと思います。かといって高か過ぎる設定にはしないつもりです。

「世の中デフレだし、何にしても安いのは当然。でもサービスは完璧であるべき。」というのは正直ムリがあるし、キツキツの納期では良いものも仕上がらないし、一人で制作というのはどうしても作業が詰まりがち。おまけに全く儲からない。

制作会社では朝から晩まで気を抜けない。集中力がなくても毎日強制的に仕事をしなければならないというのは、今の自分にはとてもムリだし、これまでの制作会社の経験上、精神的にも体力的にもしんどいし、燃え尽きてしまいます。何より平日昼間に時間が取れないと、他の団体・個人の方とイベントを企画して話し合うなんて難しい。最近はイベントの企画・立案・デザイン制作がとっても楽しいです。こんな僕でも誰かの役に立て、信頼していただけるのが嬉しいです。これも、制作会社に勤めているときには感じる事ができなかった幸せかなと思います。

正直、「一人でフリーランスだと将来が不安」だとは思いますが、それ以上に人生が開けてきた気がします。「この会社に勤めていたからさせてもらえた仕事」ではなく、「クライアントが自分にしてもらいたくてきた仕事」というのは、また格別なものがあります。他にも、会社勤めだと平日のアフター5の運動など、プライベートも疎かになりがちになってしまい、友だちとかなり疎遠になってしまいました。腰も壊したし、胃もかなりヤラれました。体力は激しく消耗し、週末は休むだけになってしまって遊ぶどころじゃなかったです。その時間を取り戻すとともに、これからは多少は時間にゆとりを持って制作業を続けていけたらなと思います。

せっかく会社ではなく、一人でコツコツと制作業をしていくのであれば、自分のしたいように仕事をしていきたい。これから大風呂敷を広げよう!とはこれっぽっちも思っていないので、そんなワガママを理解していただけるクライアントとだけ仕事していければいいかなと思うようになりました。

正直、自分よりデザインができる人、自分よりコーディング速度が早くて正確な人は沢山いらっしゃいます。
Web業界全体でいえば、自分のスペックは高くありません。むしろひk(以下自粛
今は、一般でいう「できる人」というのとは全く別の方向を向いていて、「君のデザインが何か好きなんだよね」と言われるデザイナーになっていきたいと思います。

ですから、「安いから」ではなく、僕のデザインを気に入って「それなりの金額を払ってでもオクトパスで作ってもらいたい」と思って頂ける方からお仕事さえ頂ければ、それ以上に幸いなことはありません。

Logicool Wireless Mouse G700 (ロジクール)

またポチってしまいました。
ロジクールの公式ショッピングサイトでたまにアウトレットセールがあって、
安く買える場合もあるのですが、僕がのぞいたときはアウトレットになかったので、
Amazonとヤフオクで調べて、ヤフオクが保証は微妙だったけど安かったので落としました。

Logicool(ロジクール) WirelessMouse G700

Logicool(ロジクール) WirelessMouse G700

Logicool(ロジクール) ワイヤレスマウス G700

Logicool(ロジクール) ワイヤレスマウス G700

実勢価格について

購入価格は5,000円くらい。定価が9,980円なので約50%OFFの破格の安さだと言えます。
今日アウトレットセールのぞいてみたらG700が入ってました。
送料込みだとヤフオクの方が安いし、まぁ良かったかなと思います。
保証しっかり&急ぐのであればLogicoolのショップかAmazonかというところです。

手に馴染む大きさ

以前同じロジクールのMX1000Laserを使っていたのですが、握った感じはMX1000Laserと同じ感じで、割と手が大きい人向きです。
女性にはちょっと大きすぎるかもしれません。僕としては丁度良くフィットしてます。

最大の特徴はボタン数の多さ

なによりこのマウスの良いところはボタン数がとても多く(左右クリック、ホイールクリック抜きでも7コも!)、
そのボタンのそれぞれにショートカットキーが割り振れることです。
DTPやWebの制作作業をしてると、IllustratorやPhotoshopやFireworks、DreamWeaverなどで
ショートカットキーを使いまくりなので、機能をボタンに割り振ることで左手の負担を無くせます。
慣れるまでは大変かもしれませんが、コピー&ペーストとか、ブラウザの進む・戻るだけでも地味に便利です。

ちなみに最初から「G7」ボタンには「ペースト」、「G8」ボタンには「コピー」、
「G5」ボタンには「ブラウザの進む」、「G4」ボタンには「ブラウザの戻る」が割り当てられています。

マウスのマクロのプロファイルが最大5つまであり、「G11」ボタンを押すことで
プロファイルを切り替えることができます。
例えばIllustratorでの作業はプロファイルの1つめを、Photoshopでの作業はプロファイルの2つめを、
Fireworksでの作業はプロファイルの3つめを、ゲームではプロファイルの4つめをという具合に、
それぞれのアプリケーションによって各プロファイルにショートカットを設定しておき、
アプリケーションごとにプロファイルを切り替えて作業すればとっても効率的!素敵!

適度な重さ+高性能なセンサーで、緻密な操作にも対応。

あとは、適度な重さがあって動きもスムーズで微調整が効くので緻密な作業もし易い点。
これはロジクールのクォリティだからこそといったところだと思います。
変なマウス買うと作業途中にマウスカーソルが飛んだりとイライラさせられますが、
このマウスはそんなことは滅多にありません。

問題点を挙げるとすればホイールクリック

一つ問題があるとすれば、ゲームなどでホイールクリックを使う場合があると思いますが、
クリックしようとするとホイールが動きやすいので、ホイールクリックには若干向かないところだけです。
ちなみにホイールの近くにあるボタンを押すと、「高速スクロール」「通常スクロール」が切り替えられます。

総評

これまで20コくらいマウスを買い換えてきましたけど、かなりしっくりきてます。
自分の中のBest3には入る使いやすさです。安心してオススメできるレベルの品だと思います。
Amazonのユーザーレビューでも評判が良く、イチオシのマウスです。

公式サイト/http://www.logicool.co.jp/ja-jp/mice-pointers/mice/devices/7244
Amazon/Logicool ワイヤレスレーザーマウス 充電式 高性能レーザーセンサー G700
公式ショッピングサイト/http://store.logicool.co.jp/lcs/catalog/
※アウトレットはショッピングサイトの左上のバナーから入ります。

銅製卵(玉子)焼き器(東京都台東区 合羽橋)

土・日・月・火と東京に行ってきました。
テレビ番組の「和風総本家」で見てから、前から行ってみたかった合羽橋に行ってきました。
昔ながらの道路を挟んだ商店街で200mくらいの通りでした。
何か記念になるような物が欲しいなーと思い、福岡では見かけない銅製の玉子焼き器を購入しました。
職人の技で作られた銅の卵焼き専用のフライパン?です。

お値段は2,400円程度からあります。
一番小さいやつを2400円くらいで購入しました。

銅製 玉子焼き器

銅製 玉子焼き器

早速卵焼きを焼いてみました。
開封後は食器用洗剤で洗って、水気を切って弱火にかけて乾かして油を塗っていきました。
他の購入者のブログを見ると、どうやら器の深さの八割程度まで油を入れて弱火にかけてよく煮て、
油が冷めるまで放置し、その後油をキッチンペーパーで拭き取ると油がよく馴染むそうです。

その後、再度弱火にかけて充分に温まったところで卵を流しこんで作っていきます。
熱が伝わるのが早いため、流しこむと「さすが銅製!」と思ってしまうくらい瞬時に卵が固まっていきます。
手前か奥かを箸でよけて玉子を流しこんで、全体的に焼いて固めていきます。

あとはパタパタッと畳んで、卵焼きらしい形にしていき、両面をよく焼いて完了。

銅製 卵焼き器

久々に作りましたが、ぼちぼちキレイに作れました。(結構いびつ?)
調理後はキッチンペーパーでキレイに拭きとるだけで洗剤は使わなくて良いそうです。
あと、強火で調理してしまったり、長い時間空焚き状態になると塗装が剥げてしまったり
サビの原因となってしまうので気を付けたいところです。

実際に使ってみて銅製卵焼き器の良いところは、
(1)常に弱火で調理。
(2)熱伝導性が高いため、ガス代の節約にもなりそう。
(3)弱火でも程よい熱の伝わり具合で、パパパッと卵焼きが作れる。
というところだと思います。

お弁当に卵焼きを入れる方は、一度、職人技の銅製卵焼き器を使ってみてはいかがでしょうか。

シンプルなWebデザイン

シンプルなWebのデザインというのはWebデザイナーとしての実力が問われるのかなと思います。

シンプルだからこそ
(1)ネガティブスペース(余白)の取り方
(2)色の使い方
(3)フォントの使い方(カーニングを含む)
(4)写真の使い方(加工の手法含む)
など色んな要素が問われますね。

デザイナーとして実力のある人は例えばボタン一つにしても、
文字の配置、グラデーションの位置などの要素が『あるべくしてここにある』という安定感が感じられ、
そんなにパーツを作りこんであるわけではないけど、『これで充分だ』と感じさせることができてる気がする。

DIATEC(ダイヤテック) FILCO ZERO FKB108Z/JW メカニカルキーボード

先日天神のビックカメラにてメカニカルキーボードを購入しました。

これが購入したDIATEC(ダイヤテック) FILCO ZERO FKB108Z/JW メカニカルキーボード

FILCO メカニカルキーボード ZERO

FILCO メカニカルキーボード ZERO

FILCO メカニカルキーボード ZERO

FILCO ZERO「ゼロ」 メカニカルキーボードUSB&PS2両対応 日本語キー・かな印字あり ホワイト FKB108Z/JW

価格.comでは5,778円なのに、なぜかビックカメラ天神店では2,980円で売っていて、衝動的に購入してしまいました。

使い心地ですが、キータッチがカチカチッとして気持ちイイです!
前よりちょっとだけタイピングするのが楽しくなりました。

刻印されている書体もカワイイ感じです。
メカニカルキーボードはキータッチにこだわりたい人にはオススメのキーボードです。

ZEROよりもグレードの高いマジェスタッチの方がどうやら良い品のようですが、
そこまでお金かけたくない人はZEROがオススメかもしれません。

ホーム > こだわり

Search
Feeds
Meta

Return to page top