Home > サバイバルゲーム > 初心者向け

初心者向け Archive

サバゲー初心者におすすめのフィールドは?インドア?アウトドア?

サバイバルゲームにはアウトドア(屋外)とインドア(屋内)の2種類があります。初めてサバイバルゲームをする人は、どこのフィールドでプレイするのが最適なのか分からないと思います。自分も初めてすぐは訳も分からずフィールドに行きました。

人生初のフィールドは福岡市東区多の津のタクティクスフィールドというインドアフィールドでした。フィールドが2つの階に分かれていて、1つあたりのフィールドは狭いです。下手をすれば交戦距離が1~2m程度なので、撃たれると相当痛いです。ゴーグルは当然ですが、マスクも必須です。インドアでは出会い頭には気をつけましょう。フィールドの全長も短いので、ゲームスタート直後から撃ち合いになり、スタート地点から出られないこともしばしばあります。

移動しながら戦いたい人はある程度人数が減るのを待って、頃合いを見て、前線に出ていく戦略が有効です。タクティクスフィールドではフラッグ戦ではなく、殲滅戦(どちらかのチームの生き残りがいなくなるまで戦う)が基本なので、後半になると敵も味方もお互いの陣地は関係なく、迷路のようなフィールドをウロウロすることになります。この瞬間が最もドキドキします。

以下に簡単にインドアとアウトドアの特徴をまとめました。

インドア

敵の発見しやすさ 簡単
交戦距離 近い
ドキドキ感 接近戦のため、すぐ近くに敵がいるのではというドキドキ感
メンタル 接近戦のため、撃たれると痛い
運動量 やや多め

アウトドア

敵の発見しやすさ 難しい
交戦距離 遠い
ドキドキ感 どこに敵が潜んでいるか分からないというドキドキ感
メンタル どこに敵がいるのか分からないため、どこからヒットを取られたか分からずに終わる事が多い
運動量 木々の間に潜む場合は少ないが、フラッグ戦でフラッグを取りに行く場合などはかなり多くなる

ということで、結論としては初心者にはインドアフィールドが断然オススメです。それは、草木の間に隠れたりすることがないため、敵を発見しやすいことが一番の理由です。アウトドアでは下手をすると、訳も分からずどこから撃たれたのか分からないまま終了ということも少なくありません。サバゲーではこれが一番の萎えポイントです。

アウトドアではフィールドをじっくり理解し、どこに敵が潜むことが多いのかなどを知ってからが本番です。基本的に初めてのフィールドでは常連の人にヒットされまくります(笑)それ相応の覚悟でのぞみ、次のゲームでは負けないぞ!というメンタルの用意を忘れずに。

福岡のインドアフィールド
タクティクスフィールド
※一部でマナーの悪い人も多いのでそれだけは時の運です。

佐賀のインドアフィールド
エリア385
※最近はインドア改装中ですが、福岡からクルマで1時間程度の距離ですので、福岡からでも射程圏内かと思います。アウトドアも開催がありますのでカレンダーをチェック。

サバゲーをはじめる方におすすめ マスクとゴーグル編

本気でサバゲーをはじめるには7万くらい掛かることを想定しなければなりませんが、とりあえず銃はレンタル。服装はなんでもいい。ただ、マスクとゴーグルとグローブは他人が使ったものは嫌だ(自分の物を使いたい)という方も多いかと思います。

そこで、安くて機能的でオススメなマスクとゴーグルとグローブについて紹介します。

マスク

まず、マスクにおいて大事なことは3つあります。この3つがとても重要です。

  • フィット感が良く、長時間身に付けても痛くないこと。
  • ゴーグルが曇らないように、呼気(自分の吐く息)が逃げる構造になっていること
  • 主に口(歯)を守るのに最低限の範囲をカバーしていること。

1つ目のフィット感について

装着したときに頬や頭に圧迫感があって、痛くて付けてられない!とならないことが重要です。またきちんとホールドしてくれないとプレー中にズレ落ちて危険です。なるべく頭の後ろ側はH型になっているバンドがズレにくくておすすめ。

ゴーグルが曇らないように、呼気(自分の吐く息)が逃げる構造

これはめっちゃ大事です。テスト出ます!サバゲー=『ゴーグルの曇りとの戦い』といっても過言ではありません。夏だろうが冬だろうが春秋だろうが曇るときは曇ります。しっかりと曇りにくい構造のものを選びましょう。なるべく口の正面辺りの素材はメッシュのものが特にオススメです。

主に口を守るのに最低限の範囲をカバー

口をカバーできなかったらマスクしている意味がありません。きちんと口や歯を守ってくれる硬いやつを選びましょう。

というわけで、上記の条件を抑えているマスクということでオススメは以下になります。

カラーが選べる&頬は布タイプがよい方向け ※ぶっちゃけメーカーはどれも対して変わりません。色で選んで良いと思います。
SHENKEL ハーフフェイス・プロテクトメッシュマスク/カラー:ほとんどのカラーをカバー
OneTigris メッシュフェイスマスク/カラー:ほとんどのカラーをカバー

カラーを選べる&全体がメッシュタイプがよい方向け
ハーフ メッシュ マスク

耳まで守ってくれる素敵なやつはこちら(室内フィールドでは耳に撃たれる場合もあるのでオススメ)
OneTigris 耳保護付き メッシュ フェイスマスク/カラー:マルチカム、ブラック、タン、オリーブドラブ

ゴーグル

ゴーグルにおいて大事なことは

  • フィット感が良く、長時間身に付けても痛くないこと。
  • とにかく曇らないこと。(空気が抜けつつ、BB弾が通らないような穴が空いているモノがベスト

よくあるシューティンググラスなどは鼻当てはあっても、顔とレンズが近いため非常に曇りやすいです。曇りにくい加工をしてあるものを選ぶといいのかもしれませんが、激しく動き回るサバゲーにおいて初心者にはおすすめしません。もしコケてポロッと落ちたところを撃たれたら失明しちゃいます。

というわけでオススメはレンズと顔に程よい距離ができ、上下が空気の通り抜けスペースが空いているボレータイプのゴーグルです。
シューティンググラス タクティカル ゴーグル
交換レンズ付きのゴーグルはこちら
1,500~2,000円なら壊れてもすぐ買い直せばいいので安定です。これまでの経験上高いゴーグルつかっても曇るときは曇ります。

ハーフメッシュマスク ボレーレプリカ

僕が使っているのはハーフメッシュマスクにボレーのレプリカの安物のゴーグル。いくつもマスクやゴーグルを買ってきましたが、これが一番曇りにくく安定しています。しかも安い!似たようなゴーグルがいろんなメーカーのマークが入って売ってますが、どれも同じところが作っているのか品質はほぼ一緒です。ECHIGOYAではアウトレットセールで900円くらいで売ってるものもあります(ただし、ケースや交換レンズがなかったりします)

サバゲーをはじめるのに最低限必要なもの

サバゲーをはじめてはやくも2年が過ぎました。月1回のペースで参戦していますが、最近は仕事も忙しく2ヵ月に1回程度のペースに落ちてしまいました。これから暑いからますます足が遠のきそうです。

さて、これからサバゲーをはじめてみたいという方に、まず何が必要なのか、何を用意しなければいけないのかをお伝えしたいと思います。サバゲーに行くにあたって、まずは絶対に必要なものからリストアップしました。

サバゲーをはじめるのに必須アイテム

  • メイン武器となる電動ガン
  • マガジン(できれば300~400発の多弾マガジン)
  • スプリングマガジンの場合はBBローダー必須
  • 帽子
  • ゴーグル
  • メッシュマスク
  • 長袖のシャツ(ロングTシャツ)
  • 長袖のズボン

※以下で解説します。

メイン武器となる電動ガン

いわずもがなですが、戦うために必要な電動ガンが必要です。おすすめは価格が安くてそれなりに性能があって、リコイルもほとんどなくて、狙いやすくて、音も小さいめな東京マルイのスタンダード電動ガンモデル。
【おすすめ電動ガン】基本的に東京マルイが一番故障が少なく安定しています。
スタンダード電動ガンのおすすめについての記事はこちら

マガジン

多弾マグと呼ばれる300~400発くらい入るマガジンもありますが、それが1本あればまず十分です。

ただ、もしも敵と遭遇したときにとっさに撃とうとして出ないという状況が多弾マグでは何度もあったので、多弾マグを使っていません。信頼性は絶対的にスプリング式マガジンの方が上です。ですので金銭的に余裕があれば断然スプリング式マガジンをおすすめします。

帽子

夏場は熱中症対策に被った方がいいです。冬でも顔面へ撃たれたときにガードになるので基本被りましょう。

ゴーグル

メッシュタイプはバイオBB弾の場合に当たって砕けてしまう可能性もあるので、バイオBB弾を使うフィールドではメッシュじゃないタイプをおすすめします。
曇りにくく、使いやすいおすすめのゴーグルはこちら
タクティカルゴーグル ボレーのX800のレプリカ

メッシュマスク

基本的にどんなサイトでもメッシュマスクで検索すると出てきます。頭に固定するゴムが2本のやつがおすすめ。近距離戦で前歯が欠けてしまう人も多々いますので、ほぼ必須。
ハーフメッシュマスク

長袖のシャツ&ズボン

迷彩服がない場合は目立たないように黒系のものが推奨。白っぽい服は完全に『分かりやすい標的』です。屋外フィールドでは草木の中に潜む場合もあるので、虫や草の対策で夏でも長袖が推奨です。

屋内フィールドの場合は正直なんでも大丈夫。普通の服でもOKです。迷彩服は上下セット+帽子付きのものがAmazonで4,000~5,000円くらいと、意外と安いものもありますので、サバゲーをちょっとでも続ける気がある人は買った方が良いです。

マンドレイク サバゲー 迷彩服 上下 ハット ベルト 3点セット ※最近人気のマンドレイク
迷彩服 上下セット BDU 戦闘服 マルチカム M ※オーソドックスなアメリカ軍系のマルチカム
最新の森林迷彩 サバゲー 迷彩服 上下 ハット ベルト 3点セット ※日本の森林に最適

サバゲーをはじめるのに必須アイテム(レンタルを考えてる人の場合)

●最低限以下のものを用意しましょう

  • 長袖のシャツ(ロングTシャツ) ※迷彩服がない場合は黒系のものが推奨
  • 長袖のズボン ※迷彩服がない場合は黒系のものが推奨

●フィールドによってレンタルできるもの

フィールドによって違ってきますが、だいたいのフィールドでは以下のものがレンタルできます。

  • 電動ガンと多弾マガジン/レンタル料(目安):1日1,000~2,000円
  • ゴーグル、メッシュマスク/レンタル料(目安):500円
  • 迷彩服(BDU)&帽子/レンタル料(目安):1000~2,000円

●どこのフィールドでも基本買わないといけないもの

※フィールドで売っている場合が多いです。

  • BB弾(フィールドによってはバイオBB弾限定だったり、プラBB弾限定のルールがあります)
    ※よほど撃ちまくる人じゃない限り一日2,000発あれば十分
  • ガスガンの方のみ。ガスは1本1,300円くらい
    ※1日1本あればかなり余裕。ガスガンメインでない限り、ガス1本で5回(=5日)は持ちます。

●サバゲーに3回以上行くつもりなら最初から買っといた方が良いもの

  • ゴーグル/1,000~2,000円
  • メッシュマスク/1,000~2,000円
  • グローブ/1,000~2,000円
  • 迷彩服(BDU)/3,000~5,000円

基本的にどのフィールドもみなさん優しいので、マナーを守って、フィールドのルールを守ってサバゲーを楽しんでください。
みなさんも是非一度サバゲーフィルドへ!

サバゲー初心者向けの電動ガン

はじめての電動ガンにおすすめなのは、価格が安くて、それなりに性能があって、リコイルもほとんどなくて、狙いやすくて、音も小さいめな東京マルイのスタンダード電動ガンモデルです。
中でも以下のものが特におすすめです。

※価格は2018年6月末時点

MP5は基本的にコンパクトなモデルが多く、マガジンもUFCのものがスプリング式で1マガジンが100発以上入って1本1000円くらいとかなりお買い得です。
UFCMG30V MP5 95連マガジン 5本セット

あとは基本的に頑丈でロングセラーなSIG SG552とか、欧州の軍や法的機関ではかなり使われているG36C、アメリカ軍の最もオーソドックスなM4A1カービンなどがおすすめです。

まずは安くて使いやすいこれらの電動ガンで慣れてから、自分のサバゲーのプレイスタイルに合った銃を見つけるのが一番賢いのではと思います。サバゲーを面白いと感じるか、面白いと思ってたのに面白くなかったら高い銃を買っても勿体ないですし。やはりFPSゲームが好きな方で、サバゲーが好きになるかと思ったらやっぱり自分には合わなかったという方も多数います。

これまで知り合ったサバゲーマーさんに話を聞いてみると、電動ガン購入順序としては、みなさん以下が多いように思われます。

  1. 東京マルイのスタンダード電動ガン
  2. 東京マルイのガスハンドガン(メインアーム)
  3. 東京マルイの次世代電動ガン(長モノ)
  4. 海外製の電動ガン(長モノ)
  5. 海外製のガスガン(長モノ)

ホーム > サバイバルゲーム > 初心者向け

Search
Feeds
Meta

Return to page top