Home > Archives > 2011-04

2011-04

浜野浦の棚田(佐賀県玄海町浜野浦)

久々の写真活動。
今回は2年越しの目標だった佐賀県玄海町の浜野浦の棚田に行ってきました。

写真家の間ではかなりのメジャーなスポット。
恋人向けの施設?がちょこっとだけありますので、恋人同士で訪れる方も結構多いです。
佐賀の玄海原発がすぐ近くにあります。
棚田はもう田植えがされつつあり、7割程度苗が植えられていました。

15時くらいに到着したのですが、すでに30人くらい場所取りをしていました。
15時から場所取りをして、日没の19時で撮影終了。
フレンドリーな方が多く、気さくに話し掛けていただいて、棚田の撮影のポイント・コツを教えていただきました。

1.季節によって日の落ちる場所・角度が異なるので、それによってポイントを見定める。
2.春は入道雲のように雲が固まってないと、霞がかってしまって、夕日が水平線に落ちる前に見えなくなってしまうこと。
3.太陽の反射の光の線が棚田に上手いことかかるように撮ると素敵です。
などなど。

初棚田撮影だったので、とりえずバシバシ取ってみました。
下手な鉄砲も数打ちゃなんちゃらです。

棚田 佐賀県玄海町浜野浦

浜野浦

棚田 佐賀 棚田百選

こうして写真でみるととっても幻想的で素敵です。
ただ、高圧電線が無ければもっと良いのになぁ~とちょっとガッカリ。

色々設定を変えて撮影しましたが、明るい部分を優先して目立たせようと撮影すると、
逆光で影の部分が真っ黒くなってしまい、ディテールを失ってしまって残念な感じになってます。
まだまだ未熟だなぁと痛感。もっと知識をつけねば。
割と太陽が沈んだ後のピンクと紫のグラデーションが僕好みでした。

浜野浦のように海に面した棚田はなかなか無いので、撮り応えがありましたね。
地元の観光協会の方らしき人が、訪れる人数の調査をしているようでした。

Web制作者が考える成果をあげるサイト作り

「自分の会社・団体のサイトを立ち上げてバシバシ売って儲けまくってやる!」と考える人はとても多いです。
しかし、自分の考えだけでサイトを作ってみてもなかなか上手くいきません。

それは何故か。

よくありがちなケースでいうと
「自分が見せたい内容」が「エンドユーザー(インターネットを通してサイトを見る側の人)が見たいもの」とマッチしていないという状況に陥っている可能性が高いです。これまで何百社とサイトを作ってきましたが、クライアントの自己顕示欲を満たす為だけに作られた、「こんなサイト誰も見ないよ」と思ってしまうようなサイトはうんざりするほど多数ありました。

Webデザイナーもピンキリですので人にもよりますが、
少なくともクライアントよりも客観的にサイトを制作できるのはほぼ間違いありません。

以下の4点は最低限守ることである程度の売り上げは見込めると思います。

  • (1)自社の製品の良さ、アピールポイントを簡潔かつ正確に書き起こすこと。
  • (2)商品写真等は白い紙の上に載せて撮影するなど余計な背景を入れないこと。商品写真は角度を変えて3枚くらいは撮影する。
  • (3)他社でも取り扱っている商品の場合は他社のサイトを見て価格をチェックし、相場を把握すること。
  • (4)商品の価格は、送料を含めた場合に適正な価格になるよう設定すること。

(1)について
実店舗ですら自社の商品をきちんと紹介できない状態では、Webサイト上で商品の良さを伝えることは不可能です。
どこのサイトよりも詳しく商品を解説してあげることが、エンドユーザーの購買意欲を高めることに繋がります。
商品に関して詳しい説明を書くことで、サイトの信頼性が高まり、自然とSEO(検索エンジンに引っかかるようになる)対策となります。
ただし、文章は読みやすくできるだけ簡潔に。

(2)について
また、文章だけでなく、写真などを掲載して視覚的にも購買意欲を高めることができます。

(3)(4)について
相場よりもあまりにも高いとエンドユーザーは買ってくれません。
他のサイトで同一商品、類似商品と比較して適正な価格を設定しましょう。

これにプラスして、自分のサイトで買うとエンドユーザーに
どういうメリットがあるのかを明確に打ち出すことができると強みになると思います。

まとめ売り・セット売り

商品の価格が安いものですと、通販の場合では送料がネックになる場合があります。
まとめ買いをするような以下の商品なら箱売りにするのも一つの手法です。

  • 短期間に大量に消費する商品(飲食物など)・・・メリット:重いのでお店で買って運ぶ手間が省ける。
  • 賞味期限や消費期限が無い、もしくは長い商品。・・・メリット:まとめ買いで値段的にもお得に買える。
  • 関連商品をセットにまとめて商品化・・・メリット:色々選ぶ手間が省けて、ささっと済ませられる。

この他の注意点は以下

【安くできるのに理由があるならきちんと明記する】
他にも、他社よりも価格が安く提供できる場合で、中古品、B級品、キズモノ、ジャンク品などの理由がある場合はきちんと記述しましょう。
この辺りがきちんとしていないとせっかく商品が売れてもクレームというカタチで戻ってきてしまいます。

【見せ方は自己満足で終わるな】
インターネット上で販売するにはとても良い商品なのですが、クライアントのこだわりを前面に押し出した見せ方で、
サイト全体や商品の紹介がかえって見づらいものとなり、購入までたどり着かないというものがあります。
過度の装飾で商品が目立たなくなったりするのはマイナスに働く可能性が高いです。
「シンプルかつ、必要な事は最低限伝える。写真は大目に。」これがネットショップにおける鉄則です。

【生ものはネット通販にはあまり向かない】
「これからは市場のロングテール化だ!」と言い張り、ネット通販には向かない商品を扱う個人事業主に、
ありもしない情報を押し付け、不必要なWebを作らせる悪い業者も居ます。
ごく普通の魚屋さん・パン屋さんなどは、相当な付加価値や独自性の高い商品が提供できない限り、
なかなか通販で成功するのは難しいといえます。ネット通販にはネット通販で売りやすい商品で勝負しましょう。

250TRに適合するサスペンション

250TRに取り付け可能で、乗り心地はそこそこ確保しつつ、見た目はなるべくカッコイイサスを探してみました。
長さは純正に近い300mm前後がベストかと。

IKON(元KONI) 40,950円
http://www.motorstage.co.jp/products/ikon

ショートサス(50mmダウン) BoatRap 33,000円
http://boat-rap.shop-pro.jp/?pid=2405663

スリムショートサス(50~60mmダウン) BoatRap 24,800円
http://boat-rap.shop-pro.jp/?pid=4414128

OHLINS(オーリンズ) S36Etype 全長296mm 77,000円 
http://www.carrozzeriajapan.co.jp/ohlins/2w/harley.html

MDI 結構固め 全長300mmで純正と同じ 17,800円
http://www.j-bike.com/rabbit/shopping/category.php?cat=230

PROGRESSIVE プログレッシブ プログレッシブ1200 全長282mm 39,900円
PROGRESSIVE プログレッシブ/プログレッシブ1200シリーズ リアサスペンション
http://www.plotonline.com/brand/progressive/lineup01.html
http://www.keis.jp/custum/custum-suspension/plot/progressive.html

モーターガレージグッズ(20mmダウン) 29,400円
http://goods-co.net/products/list.php?category_id=279&PHPSESSID=6fa433caaceef202a21e3743bc7b78fa

オーリンズはずば抜けて高いなぁ~。出せても6万円台が限界。
オーリンズ買うなら中古とかセール品を狙う!
ホワイトパワーとか一流メーカー品は恐ろしく高いので除外しました。

エムアンドエムズモーターサイクルっぽいオールド・ダートラ系を目指すので、
プログレッシブサスペンション1200シリーズが自分のTRの方向性に一番マッチしてるかも。

250TR カスタム

最近はお金をかけないようにして、プチカスタムをしています。
バーエンドがバーの色と違っていて微妙な感じだったので、
ハンドルと同じハーディーのバーエンドを購入1,600円くらいでした。

250TR カスタム
WM(ダブルエム)のチェーンケースはヤフーオークションで5,700円くらいで買えました。

250TR バルブキャップ
そしてタイヤのエアバルブキャップ(2こセットで980円くらいだったかな)をこれまた同じ色で統一。

250TR カスタム 改造
マフラーはスーパートラップの4インチメガフォン。通販で21,500円程度で買いました。

250TR デイトナ COZYシート コージーシート
デイトナ COZYシート(ロール) 28,000円くらい。

250TR

バックステップにして、バッテリボックスを入れて、リアサスを変更(リザーブタンク付きの汎用品か、オーリンズか、モーターガレージグッズの280mmサス)したらひと通りのカスタムは完了かなぁという感じです。

花見の名所 飯塚市(大将陣公園、勝盛公園)

先日の日記の通り、今日は飯塚市内の桜の花見の名所を2ヵ所行ってきました。
一ヶ所目は大将陣公園。かなり人も車も多かったです。

桜名所 大将陣公園

駐車場からちょっと歩かないといけなくて、出店も10店くらい出ていました。
昼過ぎだったせいもあり、人人人という感じで落ち着いて見れなかったのですぐ勝盛公園に移動しました。

こちらも周辺道路がやたらと混んでいたので、近くの駐車場に車を置いて5分くらい歩いて行きました。
こちらも出店は10店くらい。ここの出店でお昼ごはんを食べましたが、美味しさはそれなり・・・という感じでした。
豚バラは大きい割に300円と割安でしたが、コーラの500mlペットボトルは300円って高過ぎな感じも…。
お祭り価格にも落差があるようです。お店の裏の飲食スペースを使えるので、場所代ということでしょうか。

桜 勝盛公園

さくら 勝盛

さくら 飯塚市

桜の名所 飯塚市
この桜はソメイヨシノとは違った桜。

桜 飯塚
桜じゃないけど、綺麗に咲いてたので撮影。

場所によっては散っていってるところもありーの、これから咲く感じの桜もありーので、8分咲きという感じでした。

Home > Archives > 2011-04

Search
Feeds
Meta

Return to page top