Home > レジャー > 大分県玖珠郡九重町の山里の湯(炭酸泉)

大分県玖珠郡九重町の山里の湯(炭酸泉)

肌の乾燥がひどくてかゆくなってしまい肌が荒れるので、シュワシュワな炭酸温泉を求めて色々インターネットで探っていると、大分県竹田市の長湯温泉がよく引っかかるのですが、福岡からじゃ結構遠い。。。色々調べているうちに、大分県は玖珠郡、九重町に一箇所存在するとのことで、ちょっくら行ってきました!

大体の場所は理解してメモに書いて行ったのですが、肝心のメモを家に忘れてしまい、「山里」が付く温泉 というのだけを頭に、細かい場所が分からない状態で九重インターチェンジを降り、とりあえず九酔峡を経由して南の方へ。

九重夢大吊橋を通り過ぎて「たしかこのへんだよなぁ~」と通ると看板が右手に出ていて「ああ!ここだ!」とすぐ気付くことができました。夢大吊橋からかなり近いです。

「山里の湯」は、炭酸温泉で鉄分が豊富なのか、浴槽が茶色で、鼻血が出たときのような鉄の匂いがします(笑)
炭酸中毒にならないよう窓は開けっ放しでないといけないというのと、今日は気温が低いし、温泉の温度も低い(40度)ので、ゆっくり入ってくださいとアドバイスをいただきたっぷり1時間入ってきました。

40度は割とぬるく感じましたが、温度が低いぶん、ゆっくり入っていられる温度なので、普段温泉に入り慣れていない人でも30分以上浸かっていられます。自分もたっぷり1時間浸かってゆっくりできました。

めちゃくちゃシュワシュワで、炭酸泉に入ったことない人には新鮮かもしれません。お肌とか、高血圧に良いとか。温泉の女将さんの対応も良く、たっぷり浸かって上がったときのスッキリ感もあり、個人的に満足度は高めでした!
温泉を運営されている方は、商売慣れはされてない感じで、ちょっとローカルでアットホームな感じでした。

以下のサイトに料金は載ってますが、料金改定されたようで
立ち寄り湯が500(400?)円で、貸切できる家族湯は50分2,000円だったような。


大きな地図で見る

帰りは夢大吊橋の定食屋さんで美味しい鶏天定食(1,050円)を食べて、すっかり満足して帰ってきました。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://8pusdesign.com/blog/wp-trackback.php?p=838
Listed below are links to weblogs that reference
大分県玖珠郡九重町の山里の湯(炭酸泉) from 8log

Home > レジャー > 大分県玖珠郡九重町の山里の湯(炭酸泉)

Search
Feeds
Meta

Return to page top