ホーム > タグ > ビジネス

ビジネス

自分の限界

音楽アーティストのYUIが活動休止を発表。

「これ以上進めないっていうところを通り過ごして、多分もう歩けなくて立ち上がれない、っていうところまで来たのかな、と思います」「単純に、心が折れちゃったというか、歌が歌えないくらいになっちゃった」

その記事についてのロングインタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=43Z_2SVZ3Zc

こんな第一線で活躍しているアーティストと自分を比べるのもおこがましいことかもしれませんが、自分も去年から今年に掛けて、身の回りでいろいろ有り、正直なところ「純粋な制作業だけで食べていく」ことに心が折れてしまいました。

以前から、自社の製品がWeb上で売れるようになって欲しくてサイト制作を依頼していただいているクライアントに対して、
「僕のデザインによって本当にそのサイトで物が売れるようになっているのか?結果を出せているのか?」という部分が非常に気に掛かっていました。

これまで制作会社を経験し、フリーランスとして活動していくうちに、制作者として目の前の仕事をこなすことにしか考えられなくなっている自分に改めて気が付きました。クライアントの要望通りにサイトを作るだけでは商品が売れないと分かっていても、制作者としての自分は制作業だけをしていればお金がもらえる。そうして制作したWebサイトに対して、自分は何も責任を持てていないのでは?という違和感を日に日に強く感じるようになったというのが、自分の制作業務だけでやっていく事に限界を感じた最も大きいところでしょうか。

制作者は制作してお金が入るから利益があがる。しかし、クライアントはそのサイトを運営していくことで利益を上げていかなければならない。自分(制作者)とクライアントのゴールに大きな開きがある。それは制作者としてどうなのか?という疑問について、見て見ぬふりができなくなりました。

そういったことから、今後は一制作者としての役割だけではなく、一企画・提案者として仕事に携わりたいと考えるようになりました。ただ、クライアントによっては企画や提案に予算が割けないのは変えようのない現実です。

「クライアントの予算もあまりない中でどうやって物を売るか。」

そこをどう解決するかの糸口が自分の中で閃いたような気がしてきました。来年はそこを突き詰めて、どうやって活動していくかをより精査して、本格始動していきたいと思います。今浮かんでるアイデアは大したものではないのか、良いものになるのかはまだ未知数ですが―

まだ今年は1ヵ月弱ありますが、来年は今年の何倍も頑張る年にする決意をば。

個人経営が陥りがちな状況(お客さんが少ない、モノが売れない原因のひとつ)

店舗経営してる方で「お客さん少ないんだよねー」というのを聞くことが最近多々あります。
そういう方の大半はツッコミどころ満載の方なお店づくりをされてる方だったりします。

実際の店舗でお客が入らない、その原因のほとんどが、
「店主がお店の中で快適に過ごせる空間になっている」
という状況に陥っている事です。

例を挙げると、

  • 1.掃除用具はすぐに手の届くところに置いて隠さない。
  • 2.接客の合間の暇な時間には、すぐパソコンを使える場所に置く。
  • 3.商品陳列の棚の間から、奥の事務所内が見える。

1について、掃除用具は必ず扉の奥にしまうべきです。(特に飲食店では徹底した方がよいです)
2について、接客の合間でもお客さんの目についてしまったらアウトです。
どうしてもパソコンをいじりたいなら全くお客さんが居ないときだけにした方がよいです。
3について、お店の雰囲気に関係ないモノは徹底的に排除!隠すものは100%見えないように隠す。

お客さんから見て余計なものは見えてしまうとガッカリ。せっかくお店の雰囲気が良くても台無しです。
そして、お店の雰囲気にガッカリしたお客さんは、よほど奇特な人でない限り、ほぼ2度と来てくれることはありません。
帰り道に「あのお店ないわぁ~。もうやめとこ。」となるのがオチです。

実店舗というのは、
「お客さんが快適に、迷わず、お店の雰囲気を楽しめる空間。」
お客さんの多いお店はこれが当然のようにできてます。
ほとんどのお客さんは休日・空いた時間を楽しもうと、お店の雰囲気をポジティブに受け取ろうと入店してきます。
ですが、ポジティブな状態で入店しても、ガッカリさせてしまっては売れるものも売れません。

ディズニーリゾートはお客さんをガッカリさせるようなものは一切を見えないようにする工夫が徹底されています。
また、殺風景な場所を極力作らないように、スペースが空くと、
必ずそこには何か見栄えにするものや雰囲気の良いセットを用意しています。
というように、「さすが夢の国!」と言わしめるだけの工夫がされています。
だからこそ、長い間ファンを続ける人が多く、これからもファンを増やしていけるのだと思います。
おまけにファンが従業員になることも多く、仕事に対するモチベーションも高いです。
良いお店は、そういったポジティブなスパイラルが循環しているものです。

お客さんは「お店の中で、それはさすがに無いだろう・・・」ということを思ったとしても、
よほど気心知れた仲の友人か、ズケズケと何でも言ってしまえる人でない限り、注意してくれませんし、ササっと逃げていきます。

結局はその道のプロフェッショナルとしての意識の高さがお店の質と比例します。
プロであろうとするのであれば、それ相応の品格を持って、
店内の雰囲気づくり(雰囲気を壊さない工夫)を心掛けて欲しいと思います。

個人経営の方、知らず知らずのうちにお店の中に自分の快適空間を作ってしまい、お客さんをガッカリさせてしまっていませんか?

Web制作者が考える成果をあげるサイト作り

「自分の会社・団体のサイトを立ち上げてバシバシ売って儲けまくってやる!」と考える人はとても多いです。
しかし、自分の考えだけでサイトを作ってみてもなかなか上手くいきません。

それは何故か。

よくありがちなケースでいうと
「自分が見せたい内容」が「エンドユーザー(インターネットを通してサイトを見る側の人)が見たいもの」とマッチしていないという状況に陥っている可能性が高いです。これまで何百社とサイトを作ってきましたが、クライアントの自己顕示欲を満たす為だけに作られた、「こんなサイト誰も見ないよ」と思ってしまうようなサイトはうんざりするほど多数ありました。

Webデザイナーもピンキリですので人にもよりますが、
少なくともクライアントよりも客観的にサイトを制作できるのはほぼ間違いありません。

以下の4点は最低限守ることである程度の売り上げは見込めると思います。

  • (1)自社の製品の良さ、アピールポイントを簡潔かつ正確に書き起こすこと。
  • (2)商品写真等は白い紙の上に載せて撮影するなど余計な背景を入れないこと。商品写真は角度を変えて3枚くらいは撮影する。
  • (3)他社でも取り扱っている商品の場合は他社のサイトを見て価格をチェックし、相場を把握すること。
  • (4)商品の価格は、送料を含めた場合に適正な価格になるよう設定すること。

(1)について
実店舗ですら自社の商品をきちんと紹介できない状態では、Webサイト上で商品の良さを伝えることは不可能です。
どこのサイトよりも詳しく商品を解説してあげることが、エンドユーザーの購買意欲を高めることに繋がります。
商品に関して詳しい説明を書くことで、サイトの信頼性が高まり、自然とSEO(検索エンジンに引っかかるようになる)対策となります。
ただし、文章は読みやすくできるだけ簡潔に。

(2)について
また、文章だけでなく、写真などを掲載して視覚的にも購買意欲を高めることができます。

(3)(4)について
相場よりもあまりにも高いとエンドユーザーは買ってくれません。
他のサイトで同一商品、類似商品と比較して適正な価格を設定しましょう。

これにプラスして、自分のサイトで買うとエンドユーザーに
どういうメリットがあるのかを明確に打ち出すことができると強みになると思います。

まとめ売り・セット売り

商品の価格が安いものですと、通販の場合では送料がネックになる場合があります。
まとめ買いをするような以下の商品なら箱売りにするのも一つの手法です。

  • 短期間に大量に消費する商品(飲食物など)・・・メリット:重いのでお店で買って運ぶ手間が省ける。
  • 賞味期限や消費期限が無い、もしくは長い商品。・・・メリット:まとめ買いで値段的にもお得に買える。
  • 関連商品をセットにまとめて商品化・・・メリット:色々選ぶ手間が省けて、ささっと済ませられる。

この他の注意点は以下

【安くできるのに理由があるならきちんと明記する】
他にも、他社よりも価格が安く提供できる場合で、中古品、B級品、キズモノ、ジャンク品などの理由がある場合はきちんと記述しましょう。
この辺りがきちんとしていないとせっかく商品が売れてもクレームというカタチで戻ってきてしまいます。

【見せ方は自己満足で終わるな】
インターネット上で販売するにはとても良い商品なのですが、クライアントのこだわりを前面に押し出した見せ方で、
サイト全体や商品の紹介がかえって見づらいものとなり、購入までたどり着かないというものがあります。
過度の装飾で商品が目立たなくなったりするのはマイナスに働く可能性が高いです。
「シンプルかつ、必要な事は最低限伝える。写真は大目に。」これがネットショップにおける鉄則です。

【生ものはネット通販にはあまり向かない】
「これからは市場のロングテール化だ!」と言い張り、ネット通販には向かない商品を扱う個人事業主に、
ありもしない情報を押し付け、不必要なWebを作らせる悪い業者も居ます。
ごく普通の魚屋さん・パン屋さんなどは、相当な付加価値や独自性の高い商品が提供できない限り、
なかなか通販で成功するのは難しいといえます。ネット通販にはネット通販で売りやすい商品で勝負しましょう。

会議について

今日は「会議」を考えてみました。
今回は内容がまじめなので「~である」調で書いてます。

以下、wikipediaより転載
——————–
会議(かいぎ、英: meeting:ミーティング)は、関係者が集まって相談をし、意思決定をすることである。またはその集合のこと。
会議は、組織において最も重要な人間と人間との間の意思を伝達する手段である。
特に民主主義を標榜する集団に於いては、議決機関は常に会議の形を取り、多数で相談の上で決定する。
——————–
これから分かるように、「人間の人間との間の意思を伝達する手段である」ということ。

最近社内の会議が異常なほど多い。しかも会議が2時間とか休憩も取らずにぶっ続けで。
会議の時間になり、ミーティングルームに集まってリーダーから議題が発表される。
まずここがおかしいと思う。

会議とは「人間の人間との間の意思を伝達する手段である」であり、
その場で考えるというのは大きな間違い。
議長は議題を予め出席者に掲示、出席者はその会議に合わせて自分の意見を持ち寄る。
それが会議だと自分は考えている。

が、しかし会議が増えてくるとそれがナァナァになり、「議題が会議の場で」発表される。
その場で考えるということは、考える時間が短い思いつきで意見を言うしかできなくなる
思考時間が長い人は何も意見を言えずに会議が終わることもある。
これほど無駄な時間はないと思う。

時間の感覚がシビアな人には無駄な時間であり、苦痛を感じるのでできれば会議に出席したくなくなる。
いずれこんな会社には付き合いきれないと愛想をつかしてしまうのも当然だと思う。
そんな事態にならない為にも、会議は「とりあえず集まる」場ではないことを
議長・リーダーがしっかりと認識しなければならない。

Home > Tags > ビジネス

Search
Feeds
Meta

Return to page top