Logicool Wireless Mouse G700 (ロジクール)

またポチってしまいました。
ロジクールの公式ショッピングサイトでたまにアウトレットセールがあって、
安く買える場合もあるのですが、僕がのぞいたときはアウトレットになかったので、
Amazonとヤフオクで調べて、ヤフオクが保証は微妙だったけど安かったので落としました。

Logicool(ロジクール) WirelessMouse G700

Logicool(ロジクール) WirelessMouse G700

Logicool(ロジクール) ワイヤレスマウス G700

Logicool(ロジクール) ワイヤレスマウス G700

実勢価格について

購入価格は5,000円くらい。定価が9,980円なので約50%OFFの破格の安さだと言えます。
今日アウトレットセールのぞいてみたらG700が入ってました。
送料込みだとヤフオクの方が安いし、まぁ良かったかなと思います。
保証しっかり&急ぐのであればLogicoolのショップかAmazonかというところです。

手に馴染む大きさ

以前同じロジクールのMX1000Laserを使っていたのですが、握った感じはMX1000Laserと同じ感じで、割と手が大きい人向きです。
女性にはちょっと大きすぎるかもしれません。僕としては丁度良くフィットしてます。

最大の特徴はボタン数の多さ

なによりこのマウスの良いところはボタン数がとても多く(左右クリック、ホイールクリック抜きでも7コも!)、
そのボタンのそれぞれにショートカットキーが割り振れることです。
DTPやWebの制作作業をしてると、IllustratorやPhotoshopやFireworks、DreamWeaverなどで
ショートカットキーを使いまくりなので、機能をボタンに割り振ることで左手の負担を無くせます。
慣れるまでは大変かもしれませんが、コピー&ペーストとか、ブラウザの進む・戻るだけでも地味に便利です。

ちなみに最初から「G7」ボタンには「ペースト」、「G8」ボタンには「コピー」、
「G5」ボタンには「ブラウザの進む」、「G4」ボタンには「ブラウザの戻る」が割り当てられています。

マウスのマクロのプロファイルが最大5つまであり、「G11」ボタンを押すことで
プロファイルを切り替えることができます。
例えばIllustratorでの作業はプロファイルの1つめを、Photoshopでの作業はプロファイルの2つめを、
Fireworksでの作業はプロファイルの3つめを、ゲームではプロファイルの4つめをという具合に、
それぞれのアプリケーションによって各プロファイルにショートカットを設定しておき、
アプリケーションごとにプロファイルを切り替えて作業すればとっても効率的!素敵!

適度な重さ+高性能なセンサーで、緻密な操作にも対応。

あとは、適度な重さがあって動きもスムーズで微調整が効くので緻密な作業もし易い点。
これはロジクールのクォリティだからこそといったところだと思います。
変なマウス買うと作業途中にマウスカーソルが飛んだりとイライラさせられますが、
このマウスはそんなことは滅多にありません。

問題点を挙げるとすればホイールクリック

一つ問題があるとすれば、ゲームなどでホイールクリックを使う場合があると思いますが、
クリックしようとするとホイールが動きやすいので、ホイールクリックには若干向かないところだけです。
ちなみにホイールの近くにあるボタンを押すと、「高速スクロール」「通常スクロール」が切り替えられます。

総評

これまで20コくらいマウスを買い換えてきましたけど、かなりしっくりきてます。
自分の中のBest3には入る使いやすさです。安心してオススメできるレベルの品だと思います。
Amazonのユーザーレビューでも評判が良く、イチオシのマウスです。

公式サイト/http://www.logicool.co.jp/ja-jp/mice-pointers/mice/devices/7244
Amazon/Logicool ワイヤレスレーザーマウス 充電式 高性能レーザーセンサー G700
公式ショッピングサイト/http://store.logicool.co.jp/lcs/catalog/
※アウトレットはショッピングサイトの左上のバナーから入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です