Web制作者としてのスキルの段階について

これまで学生の頃から考えると18年、仕事としてWeb制作をはじめてから15年、小さな個人事業主のサイトから大手の広告代理店と組んで対応した大企業のサイト制作の経験を通じて、Web制作者としてのスキルの段階を大雑把に分けてみました。

第1段階 PCやアプリケーションの操作に慣れること
第2段階 言われたとおりに作れること
第3段階 スピーディに作れること
第4段階 クライアントの望むようなサイトがつくれること。ある程度トレンドを押さえてつくることができること
第5段階 クライアントと、クライアントの顧客(サイトを訪れるユーザー)のためを思ってサイトをつくれること
第6段階 クライアントや代理店の原稿や指示の間違いを見つけたり、足りていない部分を提案できること
第7段階 クライアントのビジネス展開を考え、3~5年先を見据えたサイトをつくれること

第5段階からがプロの仕事だなといえるサイトが作れるのではと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です