Home > Archives > 2019-02

2019-02

アークテリクスリーフ ニーキャップ(ARC’TERYX LEAF KNEE CAPS)実物

先月、佐賀県は神埼にある山水グリーンフィールドでチーム戦に参加させていただきました。そこで、TMC製のアークテリクス レプリカのニーキャップ(膝当て)を使っていたのですが、立体感がイマイチなくて、1ダッシュごとにズレる事が多く、走るたびに止まってズレを直すのがすごく面倒でした。

ということで、今回はAmazonでもいろいろな方のブログでも評判が良い、実物「アークテリクス ニーキャップ」を購入しました!会社の近所の老舗ミリタリー系アパレルショップのSWATさんがあるので、そこで他より安く手に入りました。近所でよかった!!

アークテリクスリーフ ニーキャップ

装着した印象としては、膝がピッタリ収まる感触があり、動いてもほとんどズレません。プラスチックの留め具が壊れやすいという情報を使用者の方からいただき、留め具は内側に来るように装着したほうが壊れにくいそうです。次回のゲームで一日ゲームしてみてどうだったかを次回レポートしてきます。

TMCのは使用5回目にして黒いところが破れてきました。立体感もなく、膝周りにダンボールを貼っているかのようです…。本物とは雲泥の差とはこのことか。実物の今のぴったりフィット感が既に心地よくて「これは…良いものだ…」といえそうです。

TMC製を身に着けて戦う写真と比べても膝のフィット感が違うのが、見てお分かりいただけるかと思います。

モケイパドック MP7A1震閃電カスタムは良い銃か?

先日メルカリでモケイパドックカスタムの電動のMP7A1震閃電カスタムを格安で購入し、山水グリーンフィールドでサバゲー仲間の貸し切りゲームに参加させていただき、実戦投入してきました。

MP7A1震閃電カスタム

結論でいうと「間違いなくイイ!」です。コンパクト電動ガンならではの弾道の素直さはそのままに、次世代並みとはいいませんが、コンパクト電動ガンらしからぬ飛距離が出ていました。スタンダードM4A1並みには飛距離が出ていると思います。

ただし、リポバッテリーのコンパクトタイプ600mAhで運用してみましたが、やはり強化スプリングが入っているせいか新品の下ろしたてのリポで1日持ちません。外部バッテリーでミニS仕様にして2000mAhなどで運用していますが安定して動作しています。

サバゲーで強い武器っていうのは結局バリケや障害物に隠れながら撃つので、コンパクトで軽量なのが一番です。そういった意味では使いやすく、飛距離もよく、命中精度も高く、壊れにくいカスタムが施されているので、特にサバゲーを始める方にはモケイパドックの震閃電カスタムは超おすすめです。近いうちその良さを伝える動画でも撮影したいと思います。

Web制作会社にて採用活動中

現在会社の採用活動をしています。とりあえずデザイン制作能力高い20代男女を求めています!しかし、若い人が少ない。

FindJobを使って求人をおこなっていますが、35歳前後が断然多く、40歳前後もボチボチ転職活動をしているようですが20代が少ないのが寂しいところです。さすが時代の流れなのか、Web制作者も高齢化してきている感があります。1コ上の友人の勤めている会社も友人が最年少というなかなかの高齢化。

ウチの会社的には若返りを図るべく、24~34歳くらいで若くてちょっとくらいギラギラしてデザインに飢えた人に来てもらいたいなーと思うのですが経験がある人は2~3名ですが、直近で本当にアクティブなユーザーは1~2人くらいの様子。

一昨年の冬から入ってくれた2名は今も(おそらく)楽しく働いてくれています会社としては、Web制作者がまっとうな働き方の(長時間残業はほとんどない)ため、長く働ける会社だという自信はあるので、良い人が来てくれるといいなーと切実に願っています。面接官をするとは思いますが、やはりその人の性格的なものは入って3ヵ月くらい経ってみないと分からないですね。

最近は全国規模の某大手広告代理店の制作部門の会社からもお誘いをいただいたり、この年齢になるとみんな引き抜きの話が増えてきています。今日も、FindJobでの「気になるリスト」の見え方を見たくて自分も求職者側で登録してみたら、ほんの3時間以内に福岡市内のWeb制作会社からスカウトメールが飛んできました(笑)引き抜きといっても、誰かが楽をするために「ウチに来て」と言われるのではなく、「君の能力をぜひウチで活かしてくれ!一緒に働きたい!」と言われるようになりたいですね。

「あの人がどこどこの採用活動のページに載ってたよ」とか、自分の周りもいろいろと転職しているような噂が飛んできます。フリーランスになる人もいれば、業種を変える人がいるし、同じ業種で頑張る人もいて、刺激をもらっています。

仕事面では昨年から異業種交流で知り合った老舗の葬儀社さんだとか、大きな建設会社の仕事を決めることができたり、かなり会社としても規模の大きな案件に携わるようになってきました。夏頃まで仕事がみっちり入りそうで少し怖いですが、嬉しい悲鳴だと思って頑張るしかないですね。

月次の金額は少ないけど、とある業界の最大手の会社の運用更新に携わったりと実績は大分積み上がってきました。それだけに案件を引き受けるのも慎重にならざるを得ませんが、大きな企業に頼られるのはやはりやり甲斐を感じますし、打ち合わせでいろいろな人と絡むので楽しいです。小学生の頃からの幼馴染が担当者だったりというハプニングもありました。

今年は会社のみんなにボーナスが出るくらいバリバリ稼ぎたいなーとは思いますが、ワークライフバランスを崩さずに楽しく仕事がしたいと思います。

今年の目標は酷暑以外は月1サバゲーを欠かさないことと、たくさん遊ぶこと、魚釣りでデカイ鯛を釣ること、そのうえで売上目標達成すること!です。今年一年、またボチボチ頑張って生きましょう。みんな生㌔!

Home > Archives > 2019-02

Search
Feeds
Meta

Return to page top