Home > クロスバイク

クロスバイク Archive

サドル交換ルイガノ

2年ほど前にルイガノのサドルがいつの間にか破れてしまって、それ以後放置だったので雨対策のためにもサドルを交換しようと思いたち、ネットでいろいろレビューを見ながら漁ってみました。

ルイガノLGS TR-1は大抵のサドルが適合します。シートポストはそのまま使えるので座面だけを交換すればOKです。あんまりスポーツモデルのサドルを選んでしまうとお尻が痛すぎて4つに割れてしまうかもしれないので、あくまで街乗り用で快適なものということで探しました。

ルイガノLSG TR-1のサドルの交換候補

レビューを見る限りタイオガというメーカーのものはボチボチよさ気でした。


TIOGA(タイオガ) ジェミナスオーラ ブラック コンフォートサドル SDL15800

こちらはルイガノの純正と同じメーカーのVELO(ヴェロ?)

VELO Plush VL6146

ちょっとスポーティに寄せるならこちらも有りかなと思います。

VELO Plush VL1050

ホワイトもいい感じ♪

VELO(ベロ) RACER SADDLE WHITE SL-VL-016

で、僕が選んだのは

TIOGA(タイオガ)のAcentia Geminus Aura(ジェミナス オーラ コンフォートサドル)SDL15802です。ホワイトタイヤの黄色いバイクなので茶色が似合うかなと思って茶系にしました。

TIOGA(タイオガ) ジェミナスオーラ ブラウン

純正サドルと大きさ、カタチを比較してみると座面が少し大きめなのでスポーティさは負けますが快適性能はアップかと!

TIOGA(タイオガ)のAcentia Geminus Aura(ジェミナス オーラ コンフォートサドル)SDL15802

ルイガノLSG TR-1のサドルの外し方

サドルの交換は座面真下を六角レンチで外すだけですが、一応、安全のために車体からサドルポストごと外しての作業をオススメします。座面真下は鬼のようにネジが固かった…。556スプレーをかけて10分ほど置いて、その後六角レンチをねじ込んで押さえつけつつ、ハンマーでレンチを殴ってなんとか緩めました。

後の取り付けは簡単です。緩んだら古いサドルから外して、新しいサドルに固定して完了。

TIOGA(タイオガ)のAcentia Geminus Aura(ジェミナス オーラ コンフォートサドル)SDL15802

ちょっと座面フォーカス

TIOGA(タイオガ)のAcentia Geminus Aura(ジェミナス オーラ コンフォートサドル)SDL15802

バランスもそんなに悪く無いかと思います。スポーツバイクに乗られてる方でお尻が痛くて乗ってられないという方には特にオススメです。

ルイガノLSG TR-1のタイヤ交換:パナレーサーリブモS

ルイガノのイエローに乗ってますが、最近パンクしたのでタイヤとチューブを前後共に変えました。

ルイガノ LGS TR-1

ルイガノ LGS TR-1

ルイガノLSG TR-1のタイヤはノーマルで700×37。
ちなみに700がタイヤ径で、37というのはタイヤの幅のことを指します。

チューブはパナレーサーの700×35をホームセンターで購入し、
タイヤはホームセンターで売っていないのでAmazonにて購入することにしました。

TR-1のタイヤは純正のタイヤ幅は37なのですが、タイヤを色々調べてみたら、
35の方がタイヤの種類が多いので35に変更することにしました。

どうやらTR-1は25~37くらいまでは適合するらしいです。しかし、頻繁にパンクしたら嫌なのと接地感がないと怖いので35を選びました。
グッズプレスなどの雑誌ではクロスバイクは28が推奨されてました。

【注意】
ルイガノLGS TR-1のタイヤの変更で注意したいのが、
ホームセンターで売ってるような普通のシティサイクルとかの27インチ×1・3/8を買っても、
ビード径というのが違うので適合しません。シティサイクルのビード径は630、TR-1のビード径は622です。

パナレーサー(Panaracer)のリブモSのトレッド(タイヤの模様)が自分の好みだったのでリブモSに決定。
パナレーサーのサイト:http://panasonic.co.jp/ppt/lineup/urbantouring.html

Amazon:パナレーサー(Panaracer) リブモS ホワイト 700X35C 8W735-RBS-W

Amazon:パナレーサー(Panaracer) リブモS ブラック 700×35C 8W735-RBS-B

タイヤ交換にはタイヤレバーがあるととても便利です。

カラーはブラックかホワイトで迷いましたがホワイトにしました。
細くなると結構お値段も張るので、700×35が一番安上がりな感じでした。リブモSの700C×35は2,000円弱くらい。
Amazonの商品ではないので送料が500円くらいかかりましたが、それを考えても普通に買うより安いです。

パナレーサー リブモSのレビュー

かなり走りやすくなりました。接地感もタップリでブレーキも効きやすく、走行も安定しています。
なによりカラーリングが車体の黄色とタイヤの白で結構賑やかな感じになりました(笑)

ホーム > クロスバイク

Search
Feeds
Meta

Return to page top