Home > サバイバルゲーム

サバイバルゲーム Archive

震閃電MP7A1は良い銃か?

先日メルカリでモケイパドックカスタムの電動のMP7A1震閃電カスタムを格安で購入し、山水グリーンフィールドでサバゲー仲間の貸し切りゲームに参加させていただき、実戦投入してきました。

結論でいうと「間違いなくイイ!」です。コンパクト電動ガンならではの弾道の素直さはそのままに、次世代並みとはいいませんが、コンパクト電動ガンらしからぬ飛距離が出ていました。スタンダードM4A1並みには飛距離が出ていると思います。

サバゲーで強い武器っていうのは結局バリケや障害物に隠れながら撃つので、コンパクトで軽量なのが一番です。そういった意味では使いやすく、飛距離もよく、命中精度も高く、壊れにくいカスタムが施されているので、特にサバゲーを始める方にはモケイパドックの震閃電カスタムは超おすすめです。近いうちその良さを伝える動画でも撮影したいと思います。

サバゲーおすすめのマーカー(ゲーム中外れることがない!おまけに安い!)

サバイバルゲームゲームでマーカー(敵味方の識別のための赤と黄色のベルト)を持っていた方がいいです。持ってない場合はガムテープをウェアに巻かないと参加できません。おまけに最近はマーカー用ガムテープを用意してくれないところも多い。

マーカーって下手なメーカーのものを買うと、ゲーム中に激しい動きの中で落としたり失くしたりします。じゃあどんなマーカーがいいのよ?って話ですが、僕が最近買ったマーカーが最強です。きちんと装着すれば絶対失くしません。

ベルクロ部分がとても太い!おまけに強力にくっつきます!さらに赤2黄2の4本セットで最安値レベルで安い!それがこちらのマーカー
サバゲー ゲームマーカー マジックテープ式 5cm×50cm 固定ベルト 4本組

サバゲーランド新宮店はライラクスのビミョーなマーカーを貸し出していますが、紛失されまくってます(笑)自分も同じのを前もっていましたがソッコーで失くしました。絶対買ったら損です。
LayLax サテライト リバーシブルマーカー
これ買ったら2000円くらいヤブの中に捨ててるようなものです。ご注意ください。

最近のサバゲー装備 ドイツ警察風

最近はドイツ警察をリスペクト!ということで、写真のようなレンジャーグリーンの装備、格好でサバゲーに臨んでいます。

BDUはLBX社のタクティカルコンバットシャツ&パンツです。これだけはAmazonじゃないところで買いました。それぞれ1万円前後くらいで買えます。
LBX LBX-0080A シャツ
LBX LBX-0081A パンツ

POLIZEIのパッチがデカすぎるのが玉にキズかなと思いますが、それ以外は概ね満足。特にレッグホルスターは2000円くらいなのに、見た目も使い勝手もドイツ警察の方に近いのでおすすめ。装備のほとんどはAmazonで買ってます。

ヘルメットはこれ。調整機能がきちんとあって、クッションや頭へのフィット感が抜群です。
OneTigris ファスト ヘルメット PJタイプ ヘルメットカバー付属

ヘルメットカバーはこれ
Emerson製 Ops-Core Fastタイプヘルメット用カバー AOR2

ヘルメットに付けるので頭への負担が少なくなるのでオススメのマスク
TMC PDW ソフトサイド メッシュマスク

パッチ類はこちら
POLIZEIのパッチ
ドイツ警察系のパッチ

足元のグロック17とそのマガジンはこれです。
CQCタイプ ホルスター レッグホルスター グロック G17 G18用は安い割に使えます。

で最後は東京マルイのMP7A1のガスブローバックです。重量感があり、リコイルがガツガツとして撃ち味が迫力満点です。夏場は文句なく買ってよかった1丁です(冬場はご想像にお任せします)。マガジンが1本あたり550gもあるので、それを4本もプレキャリに入れておくとそれだけで筋トレマシーンです 笑
東京マルイ ガスブローバック H&K MP7A1

Amazonで安いスコープを購入COMP M4レプリカ(Sutekus 4 MOA ドットサイト)

最近暑さのせいで全くサバゲーに行けていなかったせいか、運動不足で腰痛を再発してしまいました。そろそろサバゲー復活しないと!と思っていた矢先、Instagramでも「ご一緒しませんか?」というお誘いのメッセージをいただいたりしていますので、そろそろ本気で復活します。

で、お仕事の方は既存のお客さんからポツポツとフリーランスでの仕事の依頼があったので、そちらを対応してお金が入ったので、早速AmazonでCOMP M4タイプのレプリカの安いやつをつい購入してしまいました。やめられない止まらない・・・。

COMP M4 ドットサイト

お値段はAmazonで2,680円くらいです。安いドットサイトやスコープはオススメしないのですが、評価が高いのと、カッコイイうえに安っぽさがなさそうだったこと、頬付しやすいスコープが欲しかったこと。スコープを毎回付け替えるのが面倒だったことがあります。前から君に決めていました!

COMP M4 ドットサイト

COMP M4 ドットサイト

Sutekus 4 MOA ドットサイト 赤/緑ダットサイト 照準器 20mmレール対応 レッド/グリーン

まずは良い点から(個人的にポイントの高い部分からご紹介)

  • マウントが高いので、頬付けして覗き込みやすい!
  • レンズがクリアで見通しが良い!
  • 発光が明るく、ハッキリとしていてドットが見やすい!これなら晴天時も安心。
  • レッドとグリーンに切り替えができる!
  • レンズキャップが外した途端に跳ね上がり、キャップを無くす心配がない。

悪い点

  • 試しにMP5SD6に乗せてみたら、ピカティニーレールなのに少しガタ付きがある。
  • PS90HCに取り付けると一切ガタがありませんでした。レールとの相性もあるようです。

ガタつきだけが残念ですが、なにか噛ませればなんとか使えそうです。

サバゲー初心者におすすめのフィールドは?インドア?アウトドア?

サバイバルゲームにはアウトドア(屋外)とインドア(屋内)の2種類があります。初めてサバイバルゲームをする人は、どこのフィールドでプレイするのが最適なのか分からないと思います。自分も初めてすぐは訳も分からずフィールドに行きました。

人生初のフィールドは福岡市東区多の津のタクティクスフィールドというインドアフィールドでした。フィールドが2つの階に分かれていて、1つあたりのフィールドは狭いです。下手をすれば交戦距離が1~2m程度なので、撃たれると相当痛いです。ゴーグルは当然ですが、マスクも必須です。インドアでは出会い頭には気をつけましょう。フィールドの全長も短いので、ゲームスタート直後から撃ち合いになり、スタート地点から出られないこともしばしばあります。

移動しながら戦いたい人はある程度人数が減るのを待って、頃合いを見て、前線に出ていく戦略が有効です。タクティクスフィールドではフラッグ戦ではなく、殲滅戦(どちらかのチームの生き残りがいなくなるまで戦う)が基本なので、後半になると敵も味方もお互いの陣地は関係なく、迷路のようなフィールドをウロウロすることになります。この瞬間が最もドキドキします。

以下に簡単にインドアとアウトドアの特徴をまとめました。

インドア

敵の発見しやすさ 簡単
交戦距離 近い
ドキドキ感 接近戦のため、すぐ近くに敵がいるのではというドキドキ感
メンタル 接近戦のため、撃たれると痛い
運動量 やや多め

アウトドア

敵の発見しやすさ 難しい
交戦距離 遠い
ドキドキ感 どこに敵が潜んでいるか分からないというドキドキ感
メンタル どこに敵がいるのか分からないため、どこからヒットを取られたか分からずに終わる事が多い
運動量 木々の間に潜む場合は少ないが、フラッグ戦でフラッグを取りに行く場合などはかなり多くなる

ということで、結論としては初心者にはインドアフィールドが断然オススメです。それは、草木の間に隠れたりすることがないため、敵を発見しやすいことが一番の理由です。アウトドアでは下手をすると、訳も分からずどこから撃たれたのか分からないまま終了ということも少なくありません。サバゲーではこれが一番の萎えポイントです。

アウトドアではフィールドをじっくり理解し、どこに敵が潜むことが多いのかなどを知ってからが本番です。基本的に初めてのフィールドでは常連の人にヒットされまくります(笑)それ相応の覚悟でのぞみ、次のゲームでは負けないぞ!というメンタルの用意を忘れずに。

福岡のインドアフィールド
タクティクスフィールド
※一部でマナーの悪い人も多いのでそれだけは時の運です。

佐賀のインドアフィールド
エリア385
※最近はインドア改装中ですが、福岡からクルマで1時間程度の距離ですので、福岡からでも射程圏内かと思います。アウトドアも開催がありますのでカレンダーをチェック。

ホーム > サバイバルゲーム

Search
Feeds
Meta

Return to page top