Home > サバイバルゲーム

サバイバルゲーム Archive

Mac10をロングバレル化するカスタム

「MP7A1用コンパクトマシンガンバレル/ロング」というパーツを4,715円で購入してみました。
LAYLAX 東京マルイ製 電動コンパクトマシンガンMP7 A1専用 ロングインナーバレル

このパーツは215mmのインナーバレルで、同じメカボックス等を備えているMac10(マック10)でも共通して使用できます。いろいろなブログを拝見する限り、メカボに負担をかけずに初速が6~8程度アップするらしいので、ちょっとやってみよう!と決意してみた次第です。iPhoneでちょくちょく写真を撮影しながら、作業ログをまとめました。

作業に必要なもの

まずはバレル取り出しの際に、バレルに付いているゴムにダメージを与えないよう、ホップダイヤルを最弱に設定しておきます。その後、Mac10の本体を開けていきます。まず、外側の1.5mmレンチのネジを外します。

Mac10 インナーバレル交換

すると、反対側からロックピンが引き抜けます。

Mac10 バレル交換

次は、バッテリーを入れる側(発射側)のロックピンを外すため、Aのポッチを下に下げながら、Bのロックピンを引き抜きます。

すると、本体の上部分が外せるようになります。

マック10バレル交換

マック10 分解

こんな感じで左からヒューズ、ホップアップダイヤル、メカボックスが見えます。

次はネジを外していきます。赤丸のネジを3箇所はずします。

次は、ヒューズを外します。ヒューズを外す際に注意したいのは、ガラス管なので割れやすいため、左右の金属のどちらかを引っ掛けて取った方が割れずに安心です。ただ、強くチカラを入れすぎると割れるので気をつけてください。下の写真のようにメカボ側の金属の頭にマイナスドライバーを差し込んで、テコの原理で押し上げると簡単に取れます。

次に、配線を外します。赤丸の部分を上下に引き抜いて外します。写真は外れている状態です。

あとは上部のパーツを引き抜きます。

左手はメカボ、右手はバレルを持ちながら徐々に上に引き上げていきます。

ある程度引き上がったら、右手のバレル側を右に引っ張ってメカボからバレルを抜きます。

バレルをホップダイヤルに止めてあるネジをプラスドライバーで外します。

さて、いよいよここでロングバレルの出番です。

ライラクス MP7A1用ロングバレル 215mm

通常バレルと比較するとこんなにも長さが違います。

これを組み込んでいきますが、組み込みの前にグリスアップでシリコンメンテナンススプレーなどを軽く(つけすぎるとかえって飛ばなくなったり、弾道が不安定になります)噴き付けて、BB弾を行ったり来たりして馴染ませておきましょう。

シリコンメンテナンススプレー

ゴムをノーマルバレルから取り外して、固定具も移植します。

移植したバレルを取り付ける際の重要な注意点ですが、ホップダイヤルが最弱になっていて、赤丸の部分が引っ込んでいることを確認しましょう。でないと、バレルの先端に取り付けたゴムが傷ついたり、切れてしまったりします。

六角レンチなどで尖った部分を押し込んでから装着してください。

固定のネジと合うようにし、U字型をバレルの削られている位置と合わせてネジ止めします。そしてメカボックスにバレルを差し込み、外していたバッテリー搭載部分のプラパーツをセットします。このとき端子をしっかり刺しておかないと動作しなくなってしまいます。

発射口側の深いところにあるネジを止めるときは磁石でネジがくっつくドライバーだとかなり便利です。赤丸の脇の穴から見ながらネジを固定すると作業しやすいです。

以上で作業終了!ちなみにこのくらいインナーバレルが飛び出しますが、安心してください。サイレンサーがあるので飛び出してても隠れます。

後日サバゲーフィールドで初速を図ってどのくらい出ているか、弾道は安定しているかをチェックしてきます。初速落ちたりサイクル落ちたら嫌だなー・・・。

ディアウォールでガンラック

題名のとおりですが、最近流行のディアウォールでガンラックを作りました。

必要なのは以下です。

品名 個数 単価 金額 リンク
ディアウォール(1個で上下1セット) 2個 1,000円 2,000円 Amazon
2×4(ツーバイフォー)材
(断面寸法約38mm×89mm)
2本 400円 880円 近所のホームセンター
+カット代80円
ギターハンガー5コ入り 2個 1,000円 2,000円 Amazon
合計(税抜) 4,880円

商品代金も若干幅があるので一概には言えませんが、大体合計で約5,000~6,000円でカッコイイガンラックが出来上がります。

ガンラックづくりのポイント:固定金具

銃を固定する金具は様々ありますがこのギターハンガーが超おすすめです。何しろ銃を乗せる部分が柔らかい材質なので傷を付けませんし、ある程度高さの調節ができるため、金具を固定した後も若干であれば銃が真っ直ぐになるように調整が効きます。5個入りのため、2つ購入すれば5つまで銃が飾れます。あとは、100均で売っているベルクロタイプのテープを買ってギターハンガーに巻いておけば地震も怖くありません!

ガンラックづくりのポイント:ツーバイフォー材

ツーバイフォー材は送料を考えると近所のホームセンターが良いかと思います。購入する前に部屋の天井高をまず測っておきます。天井高と同じ長さだとディアウォールが入りません。長さは天井高-40mm(4cm)程度がベストです。ウチの場合は2400mmでしたので2000mmにカットしてジャストフィットでした!

購入したホームセンターでは1カット80円払って(同時に2本カットしたので1カットの料金で済みました)2000mmにカットしてもらいました。1本400円なので2本800円+カット代金80円で880円とお安い!ホームセンターでカットしてもらうとミスもなく、手間も省けます。

ツーバイフォー材は意外と雑なカットになっていたり、節がたくさんあったり、木材が反っているものもありますので、良いものを自分なりに選びましょう

ディアウォールをつかって有孔ボードを固定する方もいるようです。有孔ボードだと固定金具の種類が限られてしまいますので注意が必要です。

ディアウォールはヘタに突っ張り棒やメタルラックで作るよりオシャレにできます。ディアウォールガンラックづくりに是非皆さんもチャレンジしてみてください!

MP5、MP7A1のスリング取り付け

最初からついているMP5系のスリング取付部が脆いため、壊れる前にピカティニーレールに取り付けるスリングマウントを使用することをおすすめします。壊れちゃったらもし仮に中古で売るとき値下げ要因になってしまいますので。

スリングマウントはノーブランドの中国製のマグプルチックなのが近所のECHIGOYAに売っていたので、MP5用とMP7A1用に800円+税くらいで売っていましたので買ってきました。Amazonならもうちょい安いけど、2,000円を超えないと送料がかかっちゃうので僕はECHIGOYAで買っちゃいました。六角レンチでレールに取り付けます。ノーブランドでも金属製なので強度はそう気にならない感じです。

MAGPUL(マグプル)タイプRSAレールスリングアタッチメント/対応レール幅20mm

QDタイプが好きって方は以下のものがAmazon最安値かなと思われます。
ワンタッチで脱着可能! スリングマウントQD スリング・スイベル・セット

ちょっと分かりにくいですがMP7A1のレールの一番手前に取り付けるとこんな感じです。前の方からフロントアイアンサイト、ドットサイト、リアサイト、スリングマウントという順で付けています。サイトは前のめりのほうが個人的にカッコイイかなと思っています。

ちなみにドットサイトはこちら
IoSystemsInc バイザー付 ドットサイト ドットファインダー 照準器 4種マルチレティクル レッド/グリーン 日本語説明書付[国内正規品]

MP17A1 東京マルイ(TOKYO MARUI)

またまたヤフオクで「このくらいだったら買うんだけどなー」っていう金額で入札して競合もなく、落とせてしまいましたシリーズ。今回は東京マルイのMP7A1のガスブローバック。運良く、傷も汚れもほとんどなく、新古品に近い感じ。

MP7A1 東京マルイ バスブローバック

先日福岡市中央区今泉のシューティングバーで撃ってからリコイルの重さと質感の良さ、命中精度、どっしりとした重量感がとても良くていいなーと思っていたところに今回落とせてしまった状況です。送料を入れて17,000円で予備のマガジンが2本付いていたので、中古マガジン2本が5,000円程度と考えると実質12,000円程度。かなりお買い得でした。

皆さんご存知かとは思いますがMP7A1のガスブローバックVFCKSCからも出ています。サイズはVFCがリアルサイズで、KSCと東京マルイはハイダーから採寸された数値を元につくられたという噂で実銃の90%程度のサイズになっています。どれも1マガジン40発のリアルカウント。

VFCのリアルサイズという点は魅力的だったのですが、マガジンが異常に高い(1マガジン40発6,000円)し、暑い日だと初速が国内規制を超えることもあり、日によって安定しないとの理由で断念しました。KSCは連射性能が高いようで、リコイルが軽く、扱いやすいのですが、ガスブロの良さが消えてしまっている(ここが大事)気がするため最初から除外。というわけで安定の東京マルイという選択となりました。マルイなら1マグ40発の3,500円程度。ヤフオクで新品が2,000円程度で売られていたのでそちらも購入しました。

マガジン4本で160発なのでインドアフィールドなら十分かなと思います。MP7A1ならサプレッサーとドットサイトだろう!ということで、貯まっていたAmazonのポイント以下の商品も購入。

MP7A1の実銃のQDサプレッサーとはカタチが違いますが、DEVGRUの刻印がカッコイイのでこちらにしました。
エアガンサイレンサー 198mm DEVGRU刻印 BK(2017/9/16時点で1,890円)

ドットサイトは安物でいいやーと思っていたので、安くてもレビューで評価の高いドットサイトを選びました。
IoSystemsInc ドットサイト 4種レティクル 日本語説明書付[国内正規品](2017/9/16時点で3,980円)

MP7A1の購入はこちら(2017/9/16時点で新品が27,000円)
東京マルイ MP7A1 ガスブローバック

サバゲー用無線機に必要なセット(アイコム IC-4300)

サバゲーでよく使われる無線ですが、小型無線で資格なども特に必要のないものになります。ICOM(アイコム)の無線が特に電池が長持ちで、単3電池1本で稼働し、防水防塵になっているため使い勝手もとても良いです。ボッチで参戦しても、ちょっと仲良くなれば他の人ともこの無線を使って連携したりしています。

僕もICOMのIC-4300を購入しました。ミリタリー的なセットは以下のような形です。今回は安定の動作安さ重視で揃えました。

構成としては以下の内容が必要です。

本体:
アイコム 特定小電力トランシーバー 47ch中継タイプ IC-4300 約7,000~8,000円

スイッチ:
Z114 TCI TACTICALレプリカ PTTスイッチ (ミリタリータイププラグ) icom対応 約1,600円

スイッチのコードをトランシーバーに繋げるように変換するケーブル:
アイコム 2PIN3.5φ/2.5φ変換ケーブル OPC-2132 約1,000円

スイッチから先のヘッドセット:
ZTACTICAL Zタクティカル SELEX TASC1タイプ タクティカルヘッドセット TAN(Z-028T) 約1,600円

ヘッドセットは冬場は耳あてになって暖かいのですが、夏場は汗でベトついたり、蒸れたりしますので、なるべく穴が空いているなどの通気性が良い物を選んだ方がいいです。

そのため、夏場用に以下のスイッチ付きイヤフォンも購入しました。
カールコード式耳掛け式イヤホンマイクDXタイプ

IC-4300はかなり聞こえやすく、音量も十分で安心しておすすめできます。

ホーム > サバイバルゲーム

Search
Feeds
Meta

Return to page top