Home > サバイバルゲーム > Mac10 Ingram TOKYO MARUI

Mac10 Ingram TOKYO MARUI Archive

Mac10をロングバレル化するカスタム

「MP7A1用コンパクトマシンガンバレル/ロング」というパーツを4,715円で購入してみました。
LAYLAX 東京マルイ製 電動コンパクトマシンガンMP7 A1専用 ロングインナーバレル

このパーツは215mmのインナーバレルで、同じメカボックス等を備えているMac10(マック10)でも共通して使用できます。いろいろなブログを拝見する限り、メカボに負担をかけずに初速が6~8程度アップするらしいので、ちょっとやってみよう!と決意してみた次第です。iPhoneでちょくちょく写真を撮影しながら、作業ログをまとめました。

作業に必要なもの

まずはバレル取り出しの際に、バレルに付いているゴムにダメージを与えないよう、ホップダイヤルを最弱に設定しておきます。その後、Mac10の本体を開けていきます。まず、外側の1.5mmレンチのネジを外します。

Mac10 インナーバレル交換

すると、反対側からロックピンが引き抜けます。

Mac10 バレル交換

次は、バッテリーを入れる側(発射側)のロックピンを外すため、Aのポッチを下に下げながら、Bのロックピンを引き抜きます。

すると、本体の上部分が外せるようになります。

マック10バレル交換

マック10 分解

こんな感じで左からヒューズ、ホップアップダイヤル、メカボックスが見えます。

次はネジを外していきます。赤丸のネジを3箇所はずします。

次は、ヒューズを外します。ヒューズを外す際に注意したいのは、ガラス管なので割れやすいため、左右の金属のどちらかを引っ掛けて取った方が割れずに安心です。ただ、強くチカラを入れすぎると割れるので気をつけてください。下の写真のようにメカボ側の金属の頭にマイナスドライバーを差し込んで、テコの原理で押し上げると簡単に取れます。

次に、配線を外します。赤丸の部分を上下に引き抜いて外します。写真は外れている状態です。

あとは上部のパーツを引き抜きます。

左手はメカボ、右手はバレルを持ちながら徐々に上に引き上げていきます。

ある程度引き上がったら、右手のバレル側を右に引っ張ってメカボからバレルを抜きます。

バレルをホップダイヤルに止めてあるネジをプラスドライバーで外します。

さて、いよいよここでロングバレルの出番です。

ライラクス MP7A1用ロングバレル 215mm

通常バレルと比較するとこんなにも長さが違います。

これを組み込んでいきますが、組み込みの前にグリスアップでシリコンメンテナンススプレーなどを軽く(つけすぎるとかえって飛ばなくなったり、弾道が不安定になります)噴き付けて、BB弾を行ったり来たりして馴染ませておきましょう。

シリコンメンテナンススプレー

ゴムをノーマルバレルから取り外して、固定具も移植します。

移植したバレルを取り付ける際の重要な注意点ですが、ホップダイヤルが最弱になっていて、赤丸の部分が引っ込んでいることを確認しましょう。でないと、バレルの先端に取り付けたゴムが傷ついたり、切れてしまったりします。

六角レンチなどで尖った部分を押し込んでから装着してください。

固定のネジと合うようにし、U字型をバレルの削られている位置と合わせてネジ止めします。そしてメカボックスにバレルを差し込み、外していたバッテリー搭載部分のプラパーツをセットします。このとき端子をしっかり刺しておかないと動作しなくなってしまいます。

発射口側の深いところにあるネジを止めるときは磁石でネジがくっつくドライバーだとかなり便利です。赤丸の脇の穴から見ながらネジを固定すると作業しやすいです。

以上で作業終了!ちなみにこのくらいインナーバレルが飛び出しますが、安心してください。サイレンサーがあるので飛び出してても隠れます。

後日サバゲーフィールドで初速を図ってどのくらい出ているか、弾道は安定しているかをチェックしてきます。初速落ちたりサイクル落ちたら嫌だなー・・・。

Mac10にスリングをつけよう

もう完全にサバゲブログと化してきましたが予めご了承ください(笑)

Mac10にスリングを付けたいけど、「どうやっても付かない」という方や、「ボディやストックの金属部分には傷を覚悟で付けるしかない」という方が多いと思います。そこで、おすすめしたいのがこれ!

Mac10 スリング

スリング自体はコットン製ですが、両方の先端だけが革製になっています。そのため、金属部品の多いMac10において、ほとんど本体を傷つけることなく、スリングの装着が可能です。意外と無いんですよねこういうスリング。

「Mac10 スリング」ではなかなかヒットしませんが、S&T製のスリングのようでAKを想定して作られているようです。ECHIGOYA南福岡店で1,000円ちょいで売ってました(安ッ!!)見つけたときは「これしかない!」と思う程ピンときました。予想通りフロントは純正のハンドストラップのところに通せて、後ろはレシーバーに通すことでバランスも良く装着できました。

S&T AK コットンスリング BK STBS007BK
S&T AK コットンスリング OD STBS007OD

Mac10 スリング

2017_0211_3

マック10をリポ化

連日週末もほぼ仕事でサバゲーに行くヒマがこれっぽっちもありませんが、マック10をリポ化するべく、ECHIGOYA南福岡店でリポ化に必要な物を買ってきました。

マック10をリポ化

予備で2本買ったので合計で13,000円程もしました。。。なかなか高い!まだ実戦投入していないのでどのくらい変わったか分かりません。後日実戦投入したらレビューします。

リポ化したらヒューズは15Aにしないといけないのか分からないので、近いうちに調査して15Aヒューズにするかもしれません。

東京マルイ Mac10(マック10)レビュー

ヤフーオークションで何気なく、このくらいだったら買うのになーっていう金額で入札していたらMac10(マック10)を落とせてしまいました。最近のマック10は「本体セット」と言われて、電動ハンドガンと共通のバッテリーを使用するために、バッテリーと充電器が別売りなのですが、このマック10は「フルセット」と呼ばれるときのもので、バッテリーと充電器と本体のセットになっています。

東京マルイ マック10

この大型のサプレッサーが魅力の一つです。なかなかの静音性能で、敵に悟られることなく背後から無慈悲に撃つことができるという噂です(笑 (まだサバゲーで使っていませんので効果検証します)

東京マルイ マック10

●サイズ感について
ストックはグリップの後ろにポチッと出ている丸いところを押すと伸ばせます。伸ばすとかなり長くなり、構え易くなります。本体+サプレッサーで50.5mm程度、そこからストックを伸ばすと約28.5mm伸びるので、全長は79mm程度になります。

本体の一番出っ張ったところ(リアサイト)から純正マガジンの先っぽまでは約40mm程度です。かなりコンパクトなので、現在メインアームのM4 CQB-Rが取り回しづらいインドアフィールドではこのコンパクトさが武器になりそうです。福岡・佐賀のサバゲーフィールドでいうと、東区多の津のタクティクスフィールドや佐賀の吉野ケ里のエリア385のインドアフィールドでは活躍が期待できそうです!

東京マルイ マック10

グロックとサイズ比較するとこんな感じです。

マック10 Amazonの商品ページ

ホーム > サバイバルゲーム > Mac10 Ingram TOKYO MARUI

Search
Feeds
Meta

Return to page top